こんにちは、キング・ちんです。

 

今回は「電子書籍」をテーマに

 

「売れる電子書籍の作り方とモテる電子書籍の使い方」

 

についてセミナーを開催します。

 

この2つをマスターできれば、私の様に

 

・収入が増えて自由なお金が増える
・女の子を簡単に口説ける

 

様になります。

 

もしあなたが
「仕事の給料が頭打ちで遊ぶお金が少ない、、」
と嘆くなら、この電子書籍スキルは非常にオススメです。

 

なぜなら「電子書籍」が書けるようになると、

 

・働かないでお金が入る「不労所得」をゲット
・「著者」というポジションが取れて女の子からチヤホヤされる

 

のです。

 

とは言うものの、どうせ書くなら

 

・ランキング1位になれるくらい影響力が出て
・月に数万は稼げて
・電子書籍の“モテる使い方”

 

も知りたいですよね?

 

なので、今回私が実際に行っている
「電子書籍戦略」
をシェアしようと思います。

 

ただ、
「本当に電子書籍で稼げるの?モテるの?」
とまだ信じがたいかもしれません。

 

そこで、
“モテるために”、“お金を稼ぐために”
「なぜ?電子書籍が良いのか」について説明します。

 

 

 

 

女の子達は自己重要感に餓えています。

 

「社長と知り合いで〜」
「この前Jリーガーと合コンしてさ〜」
「あの芸人さんにナンパされちゃった!」

 

などと思わず、相手から「◯◯ちゃんすご〜い!」と
言ってもらえることに快感を覚えています。

 

そんな「凄い人」を彼女たちは探しているので
「著者」という一般人がなかなかなれない職業は
彼女たちの「大好物」なのです。

 

なので、電子書籍を書いて「著者」になることが出来
これをアピールできるだけで、
女の子は「凄い方と知り合いになれた♡」
一気に信頼構築ができるようになります。

 

もし女の子が「本当に著者なの?」と疑っても
スマホをサッと出して、アマゾンのページを見せて
スマートにわざとらしくなくアピールできるのが
これまた高印象に繋がります。

 

ちなみにあなたもご存知のように
私は「ヤリチンの教科書」という
いかがわしい本を書いていますよね?笑

 

実は、それを見せるだけで一気にエロい話もでき
すぐにセックスを意識させることが出来て
今まで以上に簡単に女の子を口説ける
ようになりました。

 

本当にこの本を書いてよかったと
心の底から思っています。笑

 

 

 

 

「電子書籍は売れない」という人もいると思います。

 

ただ、私から言わせれば、
「売れるやり方を知らない」だけで
ちゃんと戦略めいて書けばまだまだ稼げます。

 

むしろ、世間が電子書籍は売れないと思って
尻込みしている今だからこそ
最大の参入チャンスなんです!

 

こちら私の去年のある月の売上です。

 

 

この月だけで「88万4千円」稼ぎました。

 

これは独自の売れるリサーチの元、
電子書籍を書いて放置しただけです。

 

後は、彼が稼いでくれるので私は
セックスで腰振ってるだけで
チャリンチャリンとお金が入ってきます。

 

セックスしてお金が入ってくるって幸せじゃないですか?笑

 

まあ私の電子書籍はリリースしても
大抵数週間でアマゾンに消される短命です。

 

でも、もし少しでも生き長らえたら
売上はもっと恐ろしいものになっていると
あなたも想像つくと思います。

 

もしあなたも私ほどでないにしても、

 

今の仕事以外から定期的に
収入が入ってくるならどうですか?

 

しかも労働収入ではなく
寝ている間にお財布に入ってくる
「不労所得」です。

 

今回、その「売れる書き方」を解説するので
まだまだ電子書籍は稼げる場所だと安心してください。

 

 

 

 

とは言うものの、
「ちんさんだから出来たんでしょう?」
と思うかもしれません。

 

ですが、私が電子書籍を書き始めたのは「約2年前」です。

 

それまでは著者の世界とは全く縁もなく
オナニーに明けくれている日々でした。

 

執筆なんてする機会はもちろん全くなく
ペンを握らずちんちんばかり握っていました。笑

 

そんな私でも始めは苦労もしましたが
一人前に電子書籍をかける様になりました。

 

そうしたら「著者」はもちろんのこと、
「先生」とも言われるようにもなりました。

 

ちんちんばっか握ってた過去が嘘みたいです。
(ちなみに今も毎日ちんちん握っています。笑)

 

だからこそあなたが今、
どれだけ出版の世界に縁がなくても
私の様に電子書籍を書くことは出来るのです。

 

「どうして世の男性は
電子書籍を書かないのだろう?」

と不思議に思ってしまうほどです。

 

こんな話をしても

 

「どのジャンルで書けばいいかわからない。。」
「自分にはネタがないです。。」

 

と反論意見も出るかと思いますが、セミナー当日は

 

・あなたがどのジャンルで書けばいいのかのワーク
・売れる3つのジャンル解説

 

を行いますので、
「この方向性で書けばいいのか!」
と具体的にイメージができると思います。

 

 

 

 

意外に知られていないことですが、
電子書籍は安価で出せて
高額の印税をもらえます。

 

商業出版だと印刷、流通などで
なんだかんだ「数百万円以上」かかります。

 

売れるか売れないかもわからないので
もし万が一売れなかったことを考えると
これ以上に恐ろしいものはないです。

 

かたや、私が電子書籍出版にかけてるコストは
「表紙のイラスト」の1万5000円だけです。

 

1冊にこれだけかけて、それ以上のリターンがあります。

 

さらに印税率も商業出版の「10%」に比べて
「30%〜70%」です。

 

あなたはただでさえ仕事で忙しく
使えるお金も決まっていると思います。

 

だからこそそこまで時間やお金をかけれないでしょう。

 

だからこそ少ない資本金で
寝ている間にお金を稼いでくれる
「電子書籍」はあなたにぴったり
なのです。

 


 

 

というのも、結局は
「モテたい」というのが本音だと思います。

 

私としてもセミナーがまじめすぎるのもいやなので、
恋愛・仕事で使える「ヤリチンテクニック」
もシェアします。

 

それが

 

ヤリチンマインドマーケティング
(通称:YCMマーケティング)

 

です。

 

これは、私が女の子を口説くために、そして
ビジネスでお金を得るために常に意識している
マインドセットやテクニックを指します。

 

このYCMマーケティングを身につければ
日頃の仕事の成果が変わってきます。

 

例えば、営業系の仕事をしていれば
成約数も上がるでしょうし、

 

接客系の仕事をしていれば
あなたのファンが増えるでしょう。

 

そして、その同じテクニックを使えば
女の子を口説くことだってできます。

 

ビジネスも恋愛も結局は一緒なのです。

 

このモテるスキルと稼ぐスキルの融合である
「YCMマーケティングスキル」を手に入れて
人生をより豊かにしてください。

 


 

 

少しセミナー内容をまとめようと思います。

 

今回のセミナーでは、、、

 

・売れる電子書籍「3つのステップ」とは?
・思わず読みたくなるキング・ちん式「タイトル作成法」
・顧客との距離を縮め「ひいき」してもらうヤリチン式「人たらし術」
・自然と売り込み感を感じさせないモテ男の女性とお客様の接し方
・出会ってあなたのファンにさせる親近感を強制的に感じさせる方法
・女性・商品にビビビッと運命を感じさせる裏ワザ
・あなたの電子書籍の方向性が決まるスペシャルワーク
・売れる穴場を見つけるリサーチ法
・このジャンルは熱い!売れやすい3つのジャンルとは?
・電子書籍を巧みに使った口説き戦略

 

などをセミナーではお話しし、
「売れる電子書籍の作り方とモテる電子書籍の使い方」
を理解してもらおうと思います。

 

実際、電子書籍を書くかどうかはあなた次第ですが、
ここで学んだルールに沿って書いていただければ
小遣い程度は稼げるようになってもらえると思っています。

 


 

 

最近の私のセミナーの傾向として
セミナー後に口説きスキルを磨く「フィールドワーク」を行うので、
セミナー自体は「無料」で行ってもいいかな?と思いました。

 

ただ、それだと私の電子書籍ノウハウに
「価値がない」と思われるのもいやなので

 

「5,000円」

 

とさせて頂きます。

 

ですが、即決していただける方は
「2月28日までに」お申し込みしてくれたら

 

「3,000円」

 

で参加を許可したいと思います。

 

ただし、出来る限り参加者のフォローを徹底したいので
「限定10名」までとさせて頂きます。

 

ですので、少しでも気になれば
席が埋まらないうちに今すぐ以下の申し込みボタンから
お申し込みされることをオススメします。

 

 

 

電子書籍で稼いでモテたい!

 

 

 

 

電子書籍で稼いでモテたい!

 

 

 


 

メルマガなどでもよく言っているのですが、
今年は『良質なヤリチンの育成』に力を入れます。

 

「良質なヤリチン」とは、
仕事もできて稼げて、女の子の身も心も
楽しませることが出来るヤリチンを指します。

 

とりあえず酔わせて女性と口説こうとする
「低俗なヤリチン」とは大きく違います。

 

そういう「良質な人間」を増やすことで
世の中の男性がもっと自信を持ってもらえて
いつまでも恋愛を楽しんでもらうことで、

 

ゆくゆくは少子化問題解決や
経済発展にも繋がると思っているからです。

 

そのためには私の持っている
「モテるスキル」と「稼ぐスキル」を
惜しみなく提供しようと思っています。

 

その方法として一番手っ取り早いのが
「売れる電子書籍を書くこと」
だと感じています。

 

そうすれば、新しい収入源の確保、
そして「著者」というハイステータスが手に入り
恋愛ももう一つ上のステージで楽しめることが出来ます。

 

どうでしょうか?

 

稼ぐスキルとモテるスキルに興味はないですか?

 

もし少しでも「稼ぎたい」「モテたい」と
感じていただけたなら、ぜひ学びに来てください。

 

一緒に稼いで、女の子を口説きまくって
楽しい人生を送りましょう!

 

あなたのセミナー参加をお待ちしています。

 

キング・ちん

 

 

電子書籍で稼いでモテたい!

 

 

 

 

 

 

 

電子書籍で稼いでモテたい!

 

 

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー